本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法がコレ!これなら簡単!

よろず豆知識

本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法がコレ!これなら簡単!』について紹介しています。

ここでは「本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法」「本を読むのが嫌いな3つの理由!」「Amazon[Audible(オーディブル)]の活用事例」の3つのコンテンツにまとめ、さらに深掘りして紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法

本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法』ということで、『本を読むのが嫌いなら「本を聴く」から始める!』『本を読むのが嫌いなら「すき間時間」で聴くだけにする!』『本を読むのが嫌いなら「本を聴く」習慣から試してみる!』の3つのコンテンツにまとめました。

それでは始めましょう。

本を読むのが嫌いなら「本を聴く」から始める!

本を読むのが嫌いな30代のビジネスパーソンは、四の五の言わずまずは「本を聴く」ことから始めて下さい。

それが、Amazonの[Audible(オーディブル)]です。

恐らく、「本を読まなければならない!」「本を読む必要が出てきた!」という諸事情があって挑戦してみたけどダメだった。

そこで・・・

「本を読むのが嫌い」と検索して、まずは原因を知ろうと思われたのかも知れませんね。

でも・・・

「本を読む習慣」が身についていないなら、[Audible(オーディブル)]で「本を聴く」ことから始めるのが賢明です。

なぜなら、あなたは「聴く」だけでいいいからです。

今なら「30日間無料体験」を実施中なので、まずが無料で試してみることをおすすめします。

中盤で『本を読むのが嫌いな3つの理由!』を紹介していますが、その前にAmazonの[Audible(オーディブル)]で「本を聴く」習慣を身に付けるためのコツを3つほど紹介していきます。

「30日間無料体験」で[Audible(オーディブル)]を試すときに活用してみて下さい。

本を読むのが嫌いなら「すき間時間」で聴くだけにする!

ビジネスパーソンであれば「すき間時間」の活用は耳にタコができるほどよく聞いていると思われます。

もしあなたが「本を読むのが嫌い」なビジネスパーソンで、どうしても本を読む必要があると思っているなら、まずは「すき間時間」から始めてみて下さい。

もちろん、「本を読む」のではなく、[Audible(オーディブル)]を使って「すき間時間」に聴くだけに集中して下さい。

ところで・・・

あなたにとっての「すき間時間」はどこで作れますか?

・「朝歯を磨いているとき」
・「駅に行くまでの歩いている時間」
・「通勤電車の中」
・「クルマの中」
・「移動するタクシーの中」
・「昼休みの10分」
・「休憩時間の5分」
・「トイレに入っているとき」
・「夕飯の料理を作っている間」
・「食器を洗っているとき」
・「Yシャツにアイロンをかけているとき」
・「ランニングをしているとき」
・「ウォーキングをしているとき」
・「ジムでトレーニングをしているとき」

もちろん、全ての「すき間時間」を使う必要はありません。

まずは一つだけ選んで「3日間」試してみて下さい。ダメそうであれば、次の「すき間時間」を選んで「3日間」試して下さい。

そして・・・

続くようであれば、そのまま「30日間」継続してみて下さい。

ちょうど、[Audible(オーディブル)]の「30日間無料体験」の最終日が見えていることだと思います。

もし、このまま聴くことが「習慣」にできそうであれば、そのまま[Audible(オーディブル)]で継続してみて下さい。
(「解約」はいつでもできます)

本を読むのが嫌いなら「ながら聴き」の作業タスクを作れ!

「すき間時間」に続いて「ながら聴き」もよく聞く言葉ですね。

先ほどの『「すき間時間」はどこで作れますか?』で出したいろんな項目も、何かをしながら聴くので「ながら聴き」となりますね。

ただ、ここでは「何かの作業タスク」をしながら、[Audible(オーディブル)]の「ながら聴き」をすることに絞ります。

さらに言うならば・・・

会社ではなく、自宅で「リモートワーク」「在宅勤務」をしている時の作業タスクに絞ります。

さすがに、会社では無理かと・・・。

そして・・・

何かの作業タスクをしながらの「ながら聴き」するときは、一度聴いた本を2回目、3回目聴くときに活用して下さい。

「本は10回読め!」と聞いたことがあるビジネスパーソンもあると思いますが、1回聴いて「これは勉強になった!」という本は何回も聴くことをおすすめします。

その場合は、まさに「ながら聴き」で、集中して聴く必要がありません。ある意味「BGM」感覚でOKです。

不思議なもので・・・

「BGM」感覚でも、そのとき自分に必要な「キーワード」「文節」はキャッチすることが出来たりします。

そして、本から得た「知識」「考え方」は、あなたのこの先の仕事で必要な時にふと思い出されたり行動に移していたりします。

どうやら・・・

自分が必要だと思って何回も聴いている(読んでいる)内に、潜在意識にインプットされるのかも知れません。

ちょっと自己啓発的になってしまいすみませんでした。

スポーツをやられる方は経験があると思いますが、何回も反復練習をすることで気がついたら自然と身体が動いていた、あんな感じです。

本を読むのが嫌いなら「本を聴く」習慣から試してみる!

ここまで、『いつ本を聴くのか?』について、「すき間時間」で聴く方法と作業タスクとセットで「ながら聴き」する方法を紹介してきました。

まずは・・・

この2つの方法で「本を聴く」タイミングを強制的に作ってみて下さい。

さて・・・

これでいったい何をやっているのかというと、本を聴く「習慣」を身に付けようしているわけです。

それも、まずは「30日間」という期日があるのがポイントです。

「期日を決める」ことの大切さは日々のお仕事でもうお分かりですね。

[Audible(オーディブル)]の「30日間無料体験」を活用しながら、自分で作ったタイミングでまずは「本を聴く」ことを試してみて下さい。

今まで「本を読むのが嫌い」だったあなたにとって、「本を聴くことならできる」かも知れません。

その結果、今のあなたにとって必要な「知識」「スキル」が身に付いてきます。

>>>[Audible(オーディブル)]の「30日間無料体験」を試してみる

本を読むのが嫌いな3つの理由!

「本を読むのが嫌いな3つの理由!」ということで、「本を読むのが嫌い!理由【1】苦手意識が強い」「本を読むのが嫌い!理由【2】読むのが遅い」「本を読むのが嫌い!理由【3】全て読まなければ」の3つのコンテンツにまとめました。

良かったら参考にして下さい。

本を読むのが嫌い!理由【1】苦手意識が強い

本を読むのが嫌いな人で多いのが、「本を読む苦手意識が強い」という理由が良くあります。

では、いつからそんな苦手意識がついてしまったのでしょうか。

恐らくですが、小学校の時に担任の先生から言われた「本の読み方」にあるかも知れません。

言い方がいろいろだと思いますが、要するに「最後まで丁寧に読め!」です。

さらに追い打ちをかけるたのが「読めない漢字」が出てきたときです。

読めないから読むのが止まってしまい、その度に「ダメだ!」と自分で自分に言い聞かせてきたから「苦手意識が強い」まま大人になってしまったのかも。

でも・・・

「聴く」ことから始めれば、苦手意識を克服することも可能です。

本を読むのが嫌い!理由【2】読むのが遅い

本を読むのが嫌いな人の中に、「読むのが遅い」という人も多いのではないでしょうか。

これは単純に、本を読むのに慣れているかそうでないかの違いだけなんです。

はっきり言って、「読むのが遅い」だけなら何も問題はありません。

「本は速く正確に読めなければダメだ!」と自分で勝手に思い込んでしまい、その結果「本を読むのが嫌い!」につなげてしまっただけですね。

「これは良い!」と思った本は、「読むのが遅い」というより、「じっくりと丁寧に読んでいきたい!」と時間をかけて読む場合も十分にあり得ます。

なので・・・

「これは良い!」と思った本は、2回目からは「ながら聴き」で「BGM」として何回も聴いて下さい。

本を読むのが嫌い!理由【3】全て読まなければ

これも、「本を読むのが嫌い!」になってしまう大きな原因の一つですね。

やはり小学校の時に教え込まれたであろう「本は最後まで丁寧に読め!」の影響にあると思われます。

結論から先に言うと、「本は全て読まなくていい!」となります。

もっと言うと、目次を見て「自分が興味がある項目だけ読む!」でもいいんです。

そもそも、本屋さんで本を選ぶ時は、まず「タイトル」で選び、手に取って「目次」を見て買うかどうか決めます。

ただ、本を読むのが嫌いな人は、最初は「誰れかが良いと言っていた本だから読む」といった理由から購入するパターンが多いかと思われます。

その際にも、本の「タイトル」と「目次」から、読むかどうか決めていいんです。

そして、読み始めたとしても、途中で「なんか違うな!」と興味が薄れたら本を閉じてしまい次の本に移っていいんです。

数ヶ月経ってから、「もう一度読んでみよう!」と思ったりすることもあります。

でも・・・

[Audible(オーディブル)]の場合は、自分が全て読まなければならないわけではないので、とても気軽に読む(聴く)ことが可能です。

また「再生速度」(読む速さ)を2倍速や3倍速に出来るので、全て読む(聴く)としても時短読書が可能です。

なので、できるビジネスパーソンにとっては、本で時短学習をしたいときは[Audible(オーディブル)]が強い味方になってくれます。

Amazon[Audible(オーディブル)]の活用事例

「Amazon[Audible(オーディブル)]の活用事例」ということで、ここでは「迷ったらランキングから探す」「ハードカバーの厚めの本もおススメ」「実は「英語学習」にも向いているんです!」の3つのコンテンツにまとめてみました。

リサーチしていくと、いろんなビジネスパーソンが自分なりの使い方で[Audible(オーディブル)]を活用しています。

やはり、自分の「知識」と「スキル」をアップさせるためには、「本」から学んでインプットするのは欠かせません。

特にビジネスパーソンにとって「知っているか知らないか」の差は大きいですからね。

迷ったらランキングから探す

[Audible(オーディブル)]で聴きたい本があるならいいんですが、聴き終わると「次の本は何にする?」と迷う場合が良くあります。

そんなときは、「ランキング」からサクッと選んですぐに聴き始めて下さい。

ビジネスパーソンにとって本はジャンルを問わずまずは「乱読」するのがポイントです。つまりインプット量を増やすことは大切です。

そのためには、人気のある「ランキング」のジャンルから「乱聴」しちゃって下さい。

その次は、お気に入りの「朗読者」が読んでいる本で選んでみるのも良いですね。

やはり、自分にとって心地いい声はいつまでも聴いていられますからね。

ハードカバーの厚めの本もおススメ

書店に行くと分かりますが、ハードカバーの本になるとページ数の多いかなりブ厚い本が多くなってきます。

ま~、どんなに出来るビジネスパーソンでも、書店でブ厚い本を買って自宅で読むという人はかなり限られると思われます。

その点、[Audible(オーディブル)]はスマホに入れてただ聴くだけなのでハードカバーのブ厚い本もチャレンジできるわけです。

なので、あなたのお仕事に関わる専門分野のブ厚い本があれば、知識を深める意味でもチャレンジしてみても良いですね。

実は「英語学習」にも向いているんです!

[Audible(オーディブル)]は本を朗読者が読んでくれているのをただ聴くだけでいいわけです。

ということは、「英語学習」にも向いていることがお分かりですね。

例えば、映画化された本は、まさにリスニング教材に最適です。映画を観て知っているならさらにいいですね。

また、[Audible(オーディブル)]には「洋書」のラインナップも豊富なので、「英語耳」を身に付けるためにも英語の「多聴」はおすすめです。

さらに驚きなのが、アルクから出版されている「究極の英語リスニング」が[Audible(オーディブル)]で購入できるんです。

[Audible(オーディブル)]で聴くと、まともに購入するよりお得だったりするのがスゴイ!

まとめ

本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法がコレ!これなら簡単!』ということで、「本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法」「本を読むのが嫌いな3つの理由!」「Amazon[Audible(オーディブル)]の活用事例」の3つのコンテンツにまとめ、さらに深掘りして紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

本を読むのが嫌いだったビジネスパーソンとって、「本を聴く」ことで新たな世界が広がりいろんな気づきが得られると思います。

当然ながら、あなたの仕事にも活かせるはずです。

「この本は勉強になる!」と思った書籍は、最低でも2回、できれば3回以上は[Audible(オーディブル)]で聴いて下さいね。

>>>まずは「30日間無料体験」で[Audible(オーディブル)]を試してみる

本を読むのが嫌いなビジネスパーソンの解決方法がコレ!これなら簡単!

「本」はあなたの強い味方になってくれます。あなたのお仕事にお役に立てるようでしたら幸いです。