スロークッカー[ツインバード]レシピ|[EP-4717BR]スロークッカー[角煮]レシピ

家電

スロークッカー[ツインバード]のレシピでは、スロークッカーの[角煮]レシピで豚の角煮を柔らかくする方法がかなり重宝しているんです。

そこで、スロークッカー(低温調理器具)を使った豚の角煮のレシピを2つ紹介します。

また、現在、スロークッカー(低温調理器具)を持っていない方で、豚の角煮のレシピでこんな悩みがある方に・・・

「豚の角煮を作っても、どうしてもお肉が固くなってしまう!」
「豚の角煮を柔らかくする方法を知りたい!」

豚の角煮を柔らかくする基本的な3つのレシピを紹介します。

とろけるような柔らかな豚の角煮を作るためのレシピや調理方法はいろいろありますが、基本は「じっくり煮込む」です。

それでは、まずはスロークッカー[ツインバード]のレシピから・・・。

スロークッカー[ツインバード]火を使わないとろ火温度で煮込む方法とは!

「火を使わないとろ火温度で煮込む方法とは!」ということで、ツインバード[EP-4717BR]のスロークッカー(低温調理器具)を使ったとても簡単な豚の角煮の料理方法を2つ紹介します。

今まで試行錯誤しながら作っていた「豚の角煮を柔らかくする方法」は何だったのか?と思ってしまうくらい、スロークッカー(低温調理器具)を使うととても簡単に調理ができてしまいます。

それでは、ツインバード[EP-4717BR]スロークッカー(低温調理器具)を使った「豚の角煮を柔らかくする方法」を紹介します。

スロークッカー[角煮]レシピ【1】最初の全面焼きだけ火を使うレシピ

1.豚肉(400g)を「80g~100g」くらいの塊にカットします。
2.フライパンで全面を軽く焼きます。
3.焼いた肉をスロークッカー入れます。
  ※ネギやゆで卵も一緒に入れてOKです。
4.水(400g)、醤油/みりん/酒(各50ml)、砂糖(大2)、しょうが(おろし小2)を入れます。
  ※アク取りにキッチンペーパーを乗せるといいですね。
5.「強」で5時間で出来上がり。

スロークッカー[角煮]レシピ【2】超カンタン[豚の角煮]時短レシピ!

1.豚肉(400g)を「80g~100g」くらいの塊にカットします。
2.にんにく(3片)、生姜(皮も剥かずスライス)を用意します。
3.醤油/砂糖/酒(各大5)、水(250cc)、コンソメ(1個)を用意します。
4.スロークッカーに1~3の材料全部を入れます。
  ※ゆで卵も一緒に入れてOKです。
5.「強」で4時間で出来上がり。

低温調理器具(スロークッカー)とは!

低温調理器具(スロークッカー)は、時間をかけて煮込むことで味が染みて美味しくなる調理に向いています。

このスロークッカーを使うと、低温調理でゆっくりとコトコト煮込むから煮崩れしにくいんです。たから、豚の角煮も、とろけるような柔らかい角煮が出来上がるわけです。

さらに、スロークッカーは火を使わない調理器具なので、長く煮込んでいる間もコンロをふさぐことがありません。なので、その分もう1品の調理に取り掛かることができるんです。

それでは、今売れているおススメのスロークッカーを2つ紹介します。執筆時点ではあるんですが、Amazonのキッチン家電「スロークッカー」部門で売れ筋ランキング1位2位を獲得した2商品になります。

ツインバード[スロークッカー]ブラウンEP-4717BR

電気で煮崩れしにくいとろ火温度をキープしてくれます。じっくり煮こんで美味しさを引き出してくれるので、簡単に本格的な煮込み料理が作れるんです。

購入者の口コミでも、「スロークッカーだと意識しなくてよいので本当に楽です!付属のレシピにあった豚の角煮も作りましたが、味が染みていておいしかったです。」といった喜びの声が寄せられています。

アイリスオーヤマ [スロークッカー]ホワイトPSC-20K-W

内なべは陶器製になっていて遠赤外線効果で食材の芯まで火を通してくれます。そのため、食材の旨味をじっくりと引き出してくれます。

購入者の口コミでも、「スロークッカーとしての役割は申し分ないです。説明書のレシピ通りに、角煮と煮豆を作りましたが、どちらも手間いらずで美味しくできました。」といった喜びの声が寄せられています。

豚の角煮を柔らかくする方法3つのレシピ!

「豚の角煮を柔らかくする方法3つのレシピ!」ということで、現在、スロークッカー(低温調理器具)を持っていない方で、豚の角煮のレシピでこんな悩みがある方に・・・

「豚の角煮を作っても、どうしてもお肉が固くなってしまう!」
「豚の角煮を柔らかくする方法を知りたい!」

豚の角煮を柔らかくする基本的な3つのレシピを紹介します。

豚の角煮を柔らかくする方法【1】何時間もただひたすら弱火で煮込み続ければよいのか?

すごく柔らかい豚の角煮を作るのに、まずよく聞くのが「ひたすら弱火で煮込む」という作り方です。

でも、ただ何時間もひたすら弱火で煮込み続ければよいのでしょうか?煮込み過ぎると豚の肉が固くなってしまいそうです。

もし圧力鍋ががあれば、だいたい45分~1時間くらいで柔らかくなります。それが保温調理だと2時間以上かかります。電気炊飯器があれば結構楽に出来上がります。圧力鍋が無い場合は、最低でも3時間は煮込む必要が出てきます。

どうしても、火を通し続けると肉が固くなってしまうイメージがあるんですが、豚の角煮の場合はさらに火を通りことで肉の繊維がほぐれていってお肉が柔らかくなっていくんです。

その場合、注意したいのが下茹です。下茹は必ず水から行うといいです。そして、肉が煮汁から出ないようにして、落し蓋をしてじっくりトロトロと煮込んでいきます。

豚の角煮を柔らかくする方法【2】居酒屋さんで食べるようにするには?

居酒屋さんで食べる豚の角煮って柔らかくて美味しいですよね。なんとかあの居酒屋さんで食べる豚の角煮の食感を自宅でできる方法はないか?

やはり、ポイントになるのが下茹です。下茹でして充分にお肉を柔らかくするのた大切です。十分に柔らかくなってから調味料で味付けをして煮込みに入ります。その結果、トロトロの美味しい角煮が出来上がります。

さてそこで、煮込むときの調味料なんですが、塩分が入っている調味料はおすすめしません。どうしてもお肉が固くなってしまいます。塩分で肉のタンパク質が凝固してしまうからです。

なので、塩分が何も入っていない水、つまりお湯でしっかり煮込むことが大きなポイントになってきます。柔らかくなるまでじっくり煮込んで下さい。

そして、じっくり煮込んで柔らかくなったお肉は、一晩そのまま鍋ごと冷ましていきます。この間に、お肉がどうなっているかというと、茹で湯に溶け出したお肉の旨味が再度肉の中に浸透しているんです。

豚の角煮を柔らかくする方法【3】豚の角煮を作ったら固くなってしまった!

豚の角煮を作る手順として、豚バラを焼いて30分下ゆでしてから普通の鍋で2時間ほど煮込む、というのは間違いではないです。

でも、結果的にお肉が固くなってしまうことってよくあります。前回はうまく行ったのに、今回はどうもダメ!なんてことも。

そこで、固くなってしまった豚の角煮を柔らかくする方法としてどんな対処があるでしょうか。

例えば、こんな方法はどうでしょうか。3つほど考えてみました。1つ目が、酒をかけてレンジで温める。2つ目が、ジップロックなどに入れ湯煎で温める。3つ目が、水を足して1時間以上煮込み直す。

対処法としてはどれも正解なんですが、ここでおススメしたいのがお酒です。中でもビールを使ってコトコト煮込むと、柔らかくて旨味の増した味になってくれます。

もし、ビールが無理という方は、焼酎とか赤ワインでもいいですね。つまり、肉を柔らかくする調理方法にお酒というのは強い味方になってくれるんです。

もう一つ、下味の段階で果物を使って柔らかくする方法もあります。代表的なところで言うと、パイナップルやパパイヤになりますね。ただ、注意したいのが付け過ぎないことです。

もし、シンプルに仕上げたいなら、3つ目の方法が一番王道です。水を足して、ただひたすらにコトコトじっくりと煮込んで下さい。

まとめ

『スロークッカー[ツインバード]レシピ|[EP-4717BR]スロークッカー[角煮]レシピ』ということで、ツインバードのスロークッカー[EP-4717BR]を使った豚の角煮レシピと、スロークッカーを使わない豚の角煮を柔らかくする基本的な簡単レシピを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

豚の角煮をはじめ、時間を掛けた方がいい煮物に関する料理はスロークッカーで調理すると決めてしまえば空いたコンロで他の料理に取り掛かれるので、結果的に料理時間の節約になりますね。