BangTong&Li[ぶら下がり健康器]懸垂マシンが売れている3つの理由がコレ!

スポーツ

BangTong&Liの[ぶら下がり健康器]懸垂マシンについて紹介しています。

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]が売れている3つの理由と実際に購入された方の口コミ感想も徹底してリサーチしてきました。良かったら参考にして下さい。

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]が売れている3つの理由

【1】懸垂マシン[BangTong&Li]を効果的な5つのメリット!

まず、BangTong&Liは、「ぶら下がり健康器」として若い人はもちろんお年を取っている方でも、ぶら下がるだけで身体に刺激が加わり健康的なトレーニングになるんです。

もちろん、懸垂マシンとして上級者にも、効果的な5つのメリットがあります。それがこちらです。

1.ぶら下がるだけで多くの筋肉を刺激できる。
2.背中のトレーニング種目が自然と増える。
3.懸垂動作による逆三角形ボディが手に入る。
4.背中の筋肉も付くので身体能力がアップする。
5.姿勢や血行も改善され健康的な身体づくりになる。

毎日何かしらの運動をされる方でも、「ぶら下がる」という動作はほとんどないですね。

自宅でぶら下がるスペースさえ確保してもらえば、いつでも好きな時にBangTong&Li[ぶら下がり健康器]で筋トレが始められます。

【2】BangTong&Li[ぶら下がり健康器]の品質がさらに向上!

BangTong&Liのぶら下がり健康器をはじめ、他社でも同じような懸垂マシンは販売していて、どのメーカーも発売当初からいろいろな改善は行ってきています。

ただ、販売価格とのバランスで、どこまで品質と安全を確保するかは各メーカーの考え方になってきます。

そんな中、ここで紹介しているBangTong&Liぶら下がり健康器【POWER TOWER】は、お手ごろな価格なのに品質と安全性がかなり向上しているんです。

それがこちらです。

1.肘置きクッションの厚さをアップ
これで、長時間のトレーニングでも痛みもなく続けることが出来るようになりました。

2.U型のより太いスチール土台を採用
スチール土台スペースがこれまでより太いU型スチールになることで、体重「150kg」の方でもトレーニングが可能になりました。

3.365日間の保証付きとなりました。
これはありがたいですね!もし何か問題あれば無料で修理してくれるそうです。

【3】7段階の高さ調節が可能!

BangTong&Liの[ぶら下がり健康器]の場合は、お子さんの身長(130cm~)でも懸垂が楽しめる高さまで調節が可能なんです。

7段階の高さ調節は以下の通りです。

第一段階【145cm】:130~150cm身長の方に適用
第二段階【180cm】:150~155cm身長の方に適用
第三段階【185cm】:155~160cm身長の方に適用
第四段階【190cm】:160~165cm身長の方に適用
第五段階【195cm】:165~170cm身長の方に適用
第六段階【200cm】:175~180cm身長の方に適用
第七段階【205cm】:180~185cm身長の方に適用

身長「130cm」の子供から身長「185cm」の大人の方まで、懸垂マシンで筋肉トレーニングが可能になっています。

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]懸垂マシンが売れている3つの理由がコレ!

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]の口コミ&感想では!

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]を実際に使ってみた方の口コミ&感想から、とても参考になったコメントを3つピックアップしてきました。

合わせて、管理人による評価コメントも載せていますので、良かったら参考にして下さい。

口コミ感想【1】組み立て「40分」、体重「80kg」でもOK!

  • 組み立て「40分」、体重「80kg」でもOK!
    ①組み立て時間は40分ほどでした。
    説明書も丁寧ですし、組み立て器具も全て入っています
    ②大きすぎず、小さすぎず。
    写真のベンチプレスと比べて頂ければサイズ感は伝わると思います。
    ③腕だけでなく、腹筋、背筋も鍛えることができます。自重トレーニングだと腰に負担がかかって痛くなることもあったので、かなり助かります。
    ④しっかりしていてグラグラしません。
    懸垂マシーンを使ったことのある方なら分かるかもしれませんが、安定感なくグラグラするものもよくあります。
    こちらの商品は80kgの自分が使用しても全く問題なく使えています。
    ※個人の感想です。(Amazonレビューより引用)

目安となる数字があってありがたいですね。組み立て時間が約「40分」ほどで完成し、体重「80kg」にこちの方でもグラ付くことなくトレーニングに集中できることが分かります。

確かに、腹筋や背筋の筋トレでは、自重トレーニングだと腰のかなりの負担がかかってしまいます。でも、懸垂マシンの場合は、腹筋や背筋にしっかりしっかり負荷がかかり鍛えることが出来るんです。

懸垂マシンって、ぶら下がり健康器のイメージも強いんですが、筋肉トレーニングを意識して使うとしっかり身体を鍛えることができます。

口コミ感想【2】赤ちゃんがいるママのシェイプアップに!

  • 赤ちゃんがいるママのシェイプアップに!
    産後数ヶ月…このぶよぶよの体をどうにかしたくて購入!笑
    まぁまぁな大きさの段ボールが届いて、これ私1人で組み立てられるかなぁと不安でしたが説明書を見ながら1時間かからないくらいで完成!
    中身の梱包も綺麗にされていて、部品等もすぐ分かりました!
    付属の工具を使い全部組み立てましたが今のところグラグラすることもないししっかりした作りです!
    一台でいろんなトレーニングが出来、私は主にウエストシェイプアップに使っていますがすごく効く!すでに筋肉痛!笑
    旦那さんはひたすら懸垂をしています!笑
    これで筋トレのモチベーションも上がったのでこれから沢山使い込み理想のボディーになれるように頑張るのみ!!!!!
    ※個人の感想です。(Amazonレビューより引用)

最近は、女性の購入者も増えているんです。この方の場合は、赤ちゃんがいるママですね。

購入理由も「このぶよぶよの体をどうにかしたくて購入!」とありますが、同じような理由で購入する女性がほとんどではないでしょうか。特に、夏に向けて売れていくのもよく分かります。

どうやら、女性の場合は、1時間かからないくらいで組み立てが完了する様です。それも、一人で組み立てたということですので、本当にお疲れ様でした!

このママの場合は、「主にウエストシェイプアップに使っています。」ということですが、メニュー通りに行うとすごく効いてくるので筋肉痛も翌朝にくると思います。

確かに、この一台でいろんなトレーニングができるので、筋トレのモチベーションも上がって効率的に美ボディーを手に入れることが可能になります。

口コミ感想【3】激しい動きをしてもぐら付かない!

  • 激しい動きをしてもぐら付かない!
    ・パイプが太くしっかりしていて激しい動きをしても他の懸垂マシンよりもグラつきにくく感じた。
    その分、部品が重く組み立てに時間がかかる。
    (苦手な方だと40分ぐらいはかかってしまうかも?)
    あと、ジムにあるようなマシンのサイズだったので、広い場所を確保できないと使用するのは難しそう。
    ・握るところにグリップがあるから力を入れやすくトレーニングしやすい。
    ただ、スポンジやゴムの様な素材ではなく、プラスチックの様な素材のため
    自分でトレーニング用手袋(グリップが付いてるもの)を用意したほうがより使いやすい。
    ・高さは7段階調節出来、耐荷重150㎏と幅広く対応していて、老若男女問わず使用できます。
    ・フックがあり、ハンガーラックとして洋服をかけておくことが可能。
    大きさもありグラついて壊れることもないので、意外と使い勝手は悪くありません。
    ※個人の感想です。(Amazonレビューより引用)

この方も「パイプが太くしっかりしていて激しい動きをしても他の懸垂マシンよりもグラつきにくく感じた。」とコメントされています。

BangTong&Liの[ぶら下がり健康器]懸垂マシンの口コミ感想では、皆さん共通して「パイプの太さ」と「ぐら付きの無い安定感」を実感されています。

懸垂マシンでトレーニングをする場合、この「ぐら付きの無い安定感」は集中して筋トレをするための必須条件だといえます!

確かに、握るところにグリップはあるんですが、本格的に使い込みたい方は専用のトレーニング用手袋があるといいかも知れません。もちろん、手袋が無くて普通に使えます。

BangTong&LiとWASAI(ワサイ)の[ぶら下がり健康器]を比較!

BangTong&Liの[ぶら下がり健康器]と良く比較されるのが、WASAI(ワサイ)の[ぶら下がり健康器]です。

そこで、BangTong&Li【POWER TOWER】とWASAI【BS502】のスペックを中心に徹底して比較してみました。

BangTong&Li[ぶら下がり健康器]懸垂マシンが売れている3つの理由がコレ!

その結果、どちらも懸垂マシンとしての機能はほぼ互角でした。販売価格もほぼ同じ金額になっています。

しかし、さらに良く比較していくと、BangTong&Li【POWER TOWER】の方が上回っている点を3つほど発見しました。

それがコレです。

1.土台に腕立て伏せ専用バーを設置
2.U型のより太いスチールを採用
3.補強バーの間隔を「35cm」に設定

「1.」の腕立て伏せ専用バーですが、「無くてもいいんじゃないの?」と思われる方もあると思います。

でもこの専用バーがあるだけで、かなりきつい腕立て伏せができるんです。

腕立て伏せは胸を床に付けるくらいまで腕を曲げるとより効果的ですが、それをさらに深く沈めることが出来るわけです。そこから、状態を上げるのはかなりきついです!

それから、「2.」「3.」のスチールフレームの太さと補強バーの間隔ですが、これは徹底した研究の結果から導き出されて設計なんだそうです。

だから口コミでも・・・
「しっかりしていてグラグラしません。」「激しい動きをしても他の懸垂マシンよりもグラつかない」といった感想がとても多くみられます。

[BangTong&Li]ぶら下がり健康器【POWER TOWER】

[WASAI]ぶら下がり健康器【BS502】

まとめ

「BangTong&Li[ぶら下がり健康器]懸垂マシンが売れている3つの理由がコレ!」ということで、BangTong&Li[ぶら下がり健康器]が売れている3つの理由と実際に購入された方の口コミ感想を紹介してきましたが、いかがだってでしょうか。

最後に、BangTong&Li【POWER TOWER】とWASAI【BS502】のぶら下がり健康器を比較してみましたが、当サイトの結論としては、改良を重ねているBangTong&Li【POWER TOWER】の方をおすすめすることになりました。

「ぶら下がり」と「懸垂」は、老若男女を問わず誰でも自分のペースでトレーニングができます。あとは、自宅にスペースさえ確保できれば、家族みんなで健康的に楽しめます。

誰も使わないときは、洋服や洗濯物をかけておくことも出来ちゃいます。