WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器懸垂マシン【BS502】で理想の身体を手に入れるため決めておくこと!

スポーツ

WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器懸垂マシン【BS502】は、これ一台で懸垂マシン(ぶら下がり健康器)でできる基本的な5つのトレーニングが可能です。

それがコレです。

・チニング(懸垂)
・プッシュアップ
・二―レイズ
・ヒップレイズ
・ディップス

もしかすると、ぶら下がり健康器(懸垂マシン)を初めて購入される方は、初めて聞く言葉だったりするかも知れませんが、しっかり取り組むとバキバキの腹筋だって作れるちゃうんです。

でも、正しい懸垂を1回できるまでが大変なので、まずは、懸垂マシンにぶら下がる習慣を身に付けることから始めて下さい。

ということで、WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】を購入する前に決めておきたい“4つ”のことを、まずは紹介していきます。

WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】に決めておきたい“4つ”のこと!

【1】置き場所の確保は大丈夫ですか?

WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器(懸垂マシン)【BS502】の寸法は以下の通りです。

寸法

・幅:67cm
・奥:84cm
・高:198cm~227cm
・Topバー幅:126cm

WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器懸垂マシン【BS502】で理想の身体を手に入れるため決めておくこと!

この他に、床を傷付けないためのトレーニングマットを一緒に購入される方も多いんですが、カットできるマットなので「幅:67cm」以上、「奥:84cm」以上で床に敷くスペースを確保する必要があります。

また、ぶら下がる「Topバーの幅」もスペースが必要になってきます。その場合、高さ「198cm~227cm」の間で、左右に「126cm」以上余裕があればOKです。

お部屋を見渡してみて、懸垂マシン[BS502]が置けそうな場所はありますか?

本体重量が約「23kg」あるので、移動して使うというより置き場所は固定されると思います。

【2】トレーニングをする曜日と時間を決めて下さい。

もちろん、届いてからゆっくり考えればいいんですが、「いつでもできる!」といった軽い気持ちだと、トレーニングを止めるのも簡単にやらない理由を付けてしまいます。(経験者語る・・・)

なので、まず、今この時点で一度ご自身で決めてみて下さい。

●WASAI(ワサイ)の懸垂マシン[BS502]でトレーニングするのは何曜日ですが?
●決めたその曜日で、懸垂マシンにぶら下がるのは何時何分ですが?

以上2点、決まったらメモ帳に記入して下さい。

そして、懸垂マシンが届いたら、本体の目立つところに貼って下さい。

【3】懸垂マシンを使ってどんな体を手に入れたいですか?

置き場所も決まり、トレーニングをする曜日と時間も決まったら、後は実行に移すだけです。とても簡単ですね!

でも、この「懸垂マシンにぶら下がる」という習慣を身に付けるまでは、要注意です!!

三日坊主という誰しもが経験したことのあるクセは、この「懸垂マシンでトレーニングをする」ということにも起こってきます。

そのために!

あなたは、WASAI(ワサイ)の懸垂マシン[BS502]を使ってどんな体を手に入れたいですか?

これも、先ほどのメモ帳にしっかりと書いて、懸垂マシン本体の目立つところに貼っておいて下さい。

【4】アプローチの改善は常にして下さい!

ここで言う「アプローチの改善」とは、先ほどあなたが決めたトレーニングをする曜日と時間の「修正」のことです。

恐らく今は、懸垂マシン[BS502]を使って理想的な身体を手に入れている自分を、明確にイメージできていると思います。

でも、「懸垂マシンにぶら下がる」という習慣が身に付くまでは、結構大変なんです!止めちゃいたくなるんです!

なので、最初の1週間は「お試し期間」として、自分が決めた「トレーニングをする曜日と時間」に無理はないか、確かめてみる期間にしてみて下さい。

その時に、ちょっと無理がありそうなら、「アプローチの改善」をしていくわけです。

時間をずらしてみる、曜日を減らしてみる、などなど、細かな修正をしてみて下さい。

「毎日やる」というよりも、最初は「週3回はやる」くらいから始めてみてもいいかも知れませんね、

その「週3回はやる」を確保するために、日々、習慣を身に付けるためにアプローチの改善は意識しておくといいと思います。

WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】がお勧めの3つの理由

WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】がお勧めの3つの理由は、以下の通りです。

チニング他、基本的なトレーニングが可能。
作りがしっかりした構造で安定している。
設置スペースが「67×84cm」とコンパクト。

以上です。

≪1≫チニング他、基本的なトレーニングが可能。

最初にお話しした通り、WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】が一台あれば、懸垂マシン(ぶら下がり健康器)でできる基本的な5つのトレーニングが十分に可能です。

それがコレです。

チニング(懸垂):広背筋を鍛える逆三角形の体型を作るトレーニング。
プッシュアップ:大胸筋を鍛えるトレーニング。
二―レイズ:大腰筋と腸腰筋を鍛えるトレーニング。
ヒップレイズ:腹筋と骨盤を鍛えるトレーニング。
ディップス:大腰筋や上腕三頭筋を鍛えるトレーニング。

特に、初めて懸垂マシンを購入する初心者の方には、これだけトレーニングできれば十分です。

ここまで、何度もお話ししていますが、まずはトレーニングをする習慣を身に付けることが大切です。

≪2≫作りがしっかりした構造で安定している。

WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】は耐荷重量が「120kg」となっていますので、懸垂マシンで身体を鍛えたい男性、女性のほとんどの方をカバーできています。

また、【BS502】になってさらに作りもしっかりしているので、チニング(懸垂)などトレーニング中も安定していて鍛える部位に集中できます。

設置スペースが「67×84cm」とコンパクトでありながら、これだけ安定した構造をしている懸垂マシンは他ではなかなかないですね。

≪3≫設置スペースが「67×84cm」とコンパクト。

WASAI(ワサイ)懸垂マシン【BS502】の最大の特徴でもあるのが、床の設置スペースが「67×84cm」ととてもコンパクトなことです。

他メーカーの同タイプと比べてみても設置スペースがコンパクトなので、特に初心者の方には人気が高いんです。

日々の生活がトレーニングではないので、できるだけ部屋の隅に置いておきたいですからね!

ただ、最初に断っておきますが、懸垂マシンが自宅に届いて組み立てが完了した時、恐らく、その大きさに驚かれると思います。

高さが「198cm~227cm」となるので、存在感はかなりあると思っておいた方がいいですね。

そのため、最初にお話しした通り、置き場所の確保はしっかり決めておいて下さい。

まとめ

『WASAI(ワサイ)ぶら下がり健康器懸垂マシン【BS502】で理想の身体を手に入れるため決めておくこと!』ということで、懸垂マシン[BS502]で理想の身体を手に入れるために決めておきたい“4つ”のことと、懸垂マシン[BS502]がおススメの3つの理由を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

何度も言いますが、懸垂マシンで身体を鍛えるために最初にすることは、「懸垂マシンにぶら下がる」という習慣を身に付けることです。

その習慣さえ身に付ければ、あなたが思い描いている理想の身体は現実のものとなります。

それでは、まず、「置き場所の確保」から決めて下さい。