靴の臭いを取る重曹の使い方【3つの方法】靴の殺菌効果は重曹よりミョウバン!

生活

靴の臭いを取る重曹の3つの使い方を紹介しています。

それが「重曹を直接つける方法」「重曹につけおきする方法」「重曹スプレーの作り方」です。

また、靴の殺菌効果がある「ミョウバン」と携帯が便利な靴の殺菌&除菌効果が得られるアイテムも紹介しています。

それでは、まず「靴の臭いを取る重曹の3つの使い方」から始めます。

靴の臭いを消臭する重曹の使い方を知りたい!

靴の臭い対策【1】重曹を直接つける方法

今日履いた靴を明日も履きたいときってありますよね。

だけど、1日中履いた靴の中はあの臭いニオイで充満している!水洗いしてしまったら乾くわけがない!

そんな時、重曹を直接つける方法があるんです!もちろん、消臭効果もバッチリなんです。

やり方は、とても簡単です。

1.臭いを消臭したい靴の中に、重曹をたっぷりと振りかけます。
2.そのまま一晩置いておきます。
3.次の朝、靴の中の重曹をはたき落とします。

以上です。たったこれだけで、消臭&カビの予防効果があるんです。

ちなみに、重曹の消臭効果は2~3ヶ月あると言われます。

ということは、シーズンが終わった靴の保管でも、同じように重曹を靴の中に直接振りかけて、2~3ヶ月経過したらはたき落として再度新しい重曹を直接振りかければOKですね。

「でも、忘れそう!」と思いますよね。もちろん、忘れてしまってそのまま保管しても大丈夫なんです。

靴の中がしっかりと乾燥してしまえば臭い菌は活動しないので、あの嫌な靴の臭いは発生しません。

次のシーズンになって靴を取り出した時の、カビ臭いニオイ対策にもなっているわけです。

靴の臭い対策【2】重曹につけおきする方法

重曹のつけおきすることで、靴の汚れや臭いを落とす方法もあるんです。ただし、すべての靴がOKという分けではなので注意が必要です。

靴を重曹につけおきして洗う場合、靴の素材によってできる出来ないがあります。布製の靴やゴム製の靴ならOKなんですが、皮革や合皮の靴は出来ませんのでやらないで下さい。

それでは、靴を重曹につけおきして洗う方法を紹介します。

準備
1.重曹につけおきする前に、靴の汚れ(土や泥など)はしっかり取り除きます。
2.靴ひもや中敷きは取り外しておきます。
3.靴のサイズに合わせて、バケツや洗面器など容器の大きさを決めます。

靴を重曹につけおき
1.水:1リットルに対して、重曹:大さじ2枚を入れてかき混ぜます。
2.靴を入れたら、靴全体が水に浸かるくらいの水量になるように調整して下さい。
3.靴が浮いてしまう場合は、重石などで浮かないようにして下さい。

重曹につけおき時間
1.基本は、30分~1時間くらいが目安になります。
2.靴の汚れがひどいときは、半日から一晩ほどつけおきして下さい。

以上が、靴を重曹につけおきして洗う方法をとなります。

ここで、ちょっと裏技のご紹介をします。

重曹の特徴でもあるんですが、重曹は加熱するとより効果があると言われます。

そこで、靴を重曹につけおきする際の重曹水の温度を、約40度ほどのぬるま湯でつけおきすると、靴の汚れや臭いをより効果的に落とせます。

※約40度以上の熱いお湯にしてしまうと、靴を傷める原因になりますので注意して下さい。

靴の臭い対策【3】重曹スプレーの作り方

靴の臭い消臭対策で、もっと簡単に気軽に出来るのが「重曹スプレー」を作り置きしておくことです。

重曹スプレーが靴箱にあれば、帰宅した時にシュッシュッっと振りかけてあげれば、それだけでも消臭効果が得られます。

それでは、「重曹スプレー」の作り方を紹介します。

1.スプレー用のボトルを用意します。
2.水:100mlに対し重曹:小さじ1杯を入れます。
3.しっかりと良く振り混ぜます。

以上で、「重曹スプレー」の完成です。

これで、いつでも好きな時にシュッシュッっと使いことができるんですが、使う前にはしっかりと良く振って混ぜてから使って下さい。

それから・・・

作った「重曹スプレー」には、消費期限があるんです。つまり、1度作った重曹スプレーは、いつまでも使えるわけではないんです。消臭効果が薄れてしまいます。

これも目安になりますが、「重曹スプレー」を作ったら、1週間~2週間程度で使い切るようにすることをおすすめします。

もし、2週間以上経過してしまったら、新しく作り直して下さい。

なので・・・

「重曹スプレー」の使い方としては、靴だけでなく、クッションやカーテン、さらには布張りのソファなどにも使えます。

つまり、「重曹スプレー」を作ったら、これ1本でお家の臭いケアや臭い予防ができるので、1週間~2週間ほどで使い切ることはできますね。

靴の殺菌効果を得たいなら重曹よりミョウバン!

重曹は消臭効果だけ!

ここまで、靴の臭い対策として「重曹の使い方」についていろいろ紹介してきました。これらの「重曹の使い方」を全て実践して頂ければ、あの嫌な靴の臭い対策は万全です。

でも・・・

もしかしたら、「靴の臭い対策」だけに気を取られていませんか?

「消臭効果のある重曹を使えば、あの靴の臭いから解放される!」と一安心できるところなんですが、衝撃の事実を一つお伝えします。

「重曹」は、“「消臭効果」だけ”しかないんです!

どういうことかというと・・・

「重曹」は「消臭効果」はあるけど、「殺菌効果」はないです。

つまり、靴の嫌な臭いは取れても、靴に潜む“細菌”までは殺菌することは出来ないんです。

根本にある細菌が死滅していないので、その結果、また靴の臭いに悩まされ続けてしまうわけです。

そこで、救世主となるのが「ミョウバン」です!

靴の殺菌効果があるミョウバンとは

「重曹は消臭効果だけ、ミョウバンは殺菌効果がある」という事実があります。

専門的な効果の説明はここでは省きます。

結論から先にお話しすると、「靴の臭い対策」は「ニオイの原因となる細菌を殺菌する」ことにあります。

その「ニオイの原因となる細菌」はどこから発生するのかというと、「あなたの足」からなんです。

つまり、足にいる細菌が靴の臭いニオイの元となっているわけです。

あなたも、こんな経験ありませんか?

仕事が終わり飲み会に参加した時、宴席が畳の席で靴を脱いだ瞬間に「あの嫌な臭い」が漂ってきた・・・。これもしかしたら、自分の足の臭い・・・!?

もうこの瞬間、気になって飲み会どころでなはいですね!隣りに異性が座ろうものなら、すぐにでも足を洗いたい!!

この場合なら、消臭効果のある重曹スプレーをシュッと吹きかけてあげれば、一時的に効果を発揮してくれると思います。

でも、重曹はあくまでニオイ物質を消臭してくれるだけで、ニオイ物質を作っている足の細菌まで除菌してくれる殺菌効果はないんです。

なので、足に汗をかいていれば、またあの嫌な臭いが漂ってくる可能があるんです。

「ミョウバン」が救世主!

そこで・・・

ニオイの原因物質となっている細菌を殺菌してくれる「ミョウバン」が救世主になってくれます。

「ミョウバン」は、水を使って「ミョウバン水」を作りスプレーとして使うことが出来ます。その「ミョウバン水」スプレーで足の殺菌に使用することができるんです。

また、「ミョウバン水」は殺菌効果はもちろんですが、汗をかきにくくする効果もあるでの、足の嫌な臭い対策にも貢献してくれるわけです。

「ミョウバン」スプレーの作り方

それでは、足と靴の殺菌効果がある「ミョウバン」スプレーの作り方を紹介します。

原液作り
1.ミョウバンを乾燥させた「焼ミョウバン」を用意します。
2.「1.5ml」のペットボトルを用意します。
3.ペットボトルに水:1.5mlを入れ、焼ミョウバン:50gを加えます。
4.ペットボトルを振って良くかき混ぜます。
5.かき混ぜた白いミョウバン水が、透明になるまで待ちます。
  ※透明になるまで2~3日置いておいて下さい。

「ミョウバン」スプレー作り
1.スプレー用のボトルを用意します。
2.ミョウバン水の原液に対して水で20倍まで薄めます。
3.スプレー用ボトルに入れて完成です。

「ミョウバン」スプレーは、足に2~3回シュッと吹き付けるだけでOKです。もちろん、靴にも使えます。

また、ミョウバン水の原液の消費期限は、約1ヶ月くらいで使い切るのが目安になります。そして、冷蔵庫に保管するようにして下さい。

そうそう、もし足と靴に癒しの香りを求めるなら、お好みのアロマを1~2滴入れて楽しんでみるのもいいかも知れません。

もっと簡単に靴の殺菌効果と除菌効果を得たなら!

ここまで、靴の臭い対策として、消臭効果のある「重曹」と殺菌効果のある「ミョウバン」、そして、それぞれのスプレーに作り方と使い方を紹介してきました。

実は・・・

もっと簡単に靴の殺菌効果と除菌効果が得られる方法があるんです。

それは・・・

靴の内部に溜まった細菌を約10分ほどで「99.99%」除菌し、ニオイの原因菌そのものをなくしてしまうアイテムなんです。

それが、【PEDIC(ペディック)】というUV除菌器です。

このUV除菌器【PEDIC】は、『有吉ゼミ』『王様のブランチ』で放送されてから、靴の内部が蒸れ蒸れジメジメ状態になる季節になると、どこかのテレビや雑誌で紹介され注文が殺到するアイテムでもあるんです。

冬のブーツや夏のビジネスシューズ、そして、梅雨の雨が降って歩いているときの靴の内部は、蒸れ蒸れジメジメ状態になりますよね。

帰宅して靴を脱いだ瞬間、足裏にびっちょり汗をかいていたりします。男性のビジネス靴だと、足裏と指先の汗で靴下もビショビショに濡れていることもありますね!

当然ながら、靴の内部も足裏の汗でかなり湿った状態になっているわけです。

これを何の対策もしないままでいると、足裏に汗をかいて発生した『足の細菌』とあの嫌な『足裏のニオイ臭』がそのまま靴の内部に残ってしまいます。

そして、またその靴を履いて出かけた時には、靴を脱いだ瞬間に鼻を突き刺すような異臭になっているわけです。

そうなる前に、UV除菌器【PEDIC(ペディック)】で靴の殺菌ケアを定期的にしてあげて下さい。

これで、靴を脱いだ時のあの心配ごとが、激減します!

※靴の臭い対策は完璧でも、どうしても自分の足の臭いに不安がある方は、先ほど紹介した「ミョウバン水」を小さなスプレーボトルに入れて携帯しておくことをおススメします。

靴の臭いを取る重曹の使い方【3つの方法】靴の殺菌効果は重曹よりミョウバン!

【PEDIC(ペディック)】は、充電式となっています。なので、携帯にも便利で、旅行先や出張先でも持ち歩ける利便性があるんです。一回の充電で4~5回分使えるので、いつでもどこでも簡単に靴の除菌ができます。

■購入した方の口コミ&感想では・・・

●子供の通学用のローファーに購入しました。すっごく臭かったんです。半信半疑で片方だけ試したら、ホントに皮の匂いに戻ってました。感動でした。とにかくテレビでみて速攻ポチってよかったです。
●日頃から靴の臭いは気になりつつも靴を除菌するという行動には至りませんでした。最近暑くなり足の指が汗ばんで少し痒くなったので思い切って買いました。使用前の臭いと使用後の臭いは確実に軽減されていると思います。軽いしそんなにかさばらないのでお出かけに持ち歩いても便利です。
●テレビで、紹介されていてとても気になっていたのですが、2個購入するとなるとお値段かかるので迷っていたのですが、思いきって購入!靴の臭いも減ったような気がします!持ち運び、充電もスペースとらず、使いやすいです!
(※個人の感想です。引用:Amazonレビュー)

まとめ

「靴の臭いを取る重曹の使い方【3つの方法】靴の殺菌効果は重曹よりミョウバン!」ということで、靴の臭いを取る『重曹』と靴の殺菌効果がある『ミョウバン』の紹介をしてきましたが、いかがだってでしょうか。

どちらもスプレーの作り方は簡単なので、靴内部の消臭と殺菌はこれで万全だと言えます。

また、いつでもどこでも簡単に汗ばんだ脱ぎたての靴の除菌をしたい方は、UV除菌器【PEDIC】を検討されてみてはいかがでしょうか。

今なら「送料無料」となっています。この送料無料(↑)は、リアル表示なのでチェックはお早めに!