[KO1531JP][KO1538JP]ティファール電気ケトル0.8l[パフォーマ]が人気の3つの秘密!

家電

ティファールの「電気ケトル」がテレビCMで話題になり大変に注目されています。

中でも、ティファール電気ケトル【0.8l】パフォーマのホワイト[KO1531JP]とブラック[KO1538JP]がAmazon(アマゾン)でよく売れています。

このティファール「パフォーマ」には1.5lのホワイト[KO1541JP]とブラック[KO1548JP]もあるんですが、今のところ0.8lが人気ですね。

容量が違うだけで基本性能はどちらも同じなので、朝、お湯を沸かすときに、2人分で十分なら「0.8l」、4人分は必要なら「1.5l」、といった感じで選ぶといいかも知れませんね。

それでは、ティファール[パフォーマ]電気ケトル[KO1531JP][KO1538JP]が売れている3つの秘密を紹介します。

ティファール電気ケトル0.8l[パフォーマ]が売れている3つの秘密

0.8l[パフォーマ]人気の秘密【1】とにかく沸くのが早い!

何といっても沸くのが早いです!これは本当に助かります!

特に朝のバタバタ忙しい時なんかは、「お湯を沸かす」という作業だけでも「早く沸け!」とイライラしてしまうときってありますよね。

ティファール[パフォーマ]の場合、コーヒー1~2杯分を沸かすのであれば、だいたい1~2分で沸きます。

ちなみに、0.8L「パフォーマ」で満タンにして沸かすと、だいたい4分ちょっとで沸く感じです。

参考までに、ティファールの公式サイトでは、カップ一杯(140ml)のお湯が約「53秒」で湧き上がる、と説明されていました。

0.8l[パフォーマ]人気の秘密【2】置き場所を取らない!

ティファール電気ケトル[パフォーマ]の「0.8L」と「1.5L」のサイズはこうなっています。

・パフォーマ「0.8L」のサイズ
幅16×奥行22×高さ19cm

・パフォーマ「1.5L」のサイズ
幅17×奥行22×高さ23cm

「高さ」に大きな違いがあるのが分かります。なので、置き場所としては、どちらもコンパクトと言えますね。

家族でも1人暮らしの方でも、テーブルに置くときはコンパクトであることに越したことはないですね。

いずれにせよ、普通のポットと比べると、最初に見た時かなり小さいことに驚くを思われます。

0.8l[パフォーマ]人気の秘密【3】沸きたてのお湯がいい!

何といっても、沸きたてお湯がすぐに「飲める」「使える」のはいいですね!

忙しい朝のコーヒー1杯がすぐに飲めるのも嬉しいですが、ティファール電気ケトルの使い道はそれだけではありません。

もう、お分かりだと思いますが、カップラーメンやレトルトのお味噌汁を作る時など、沸きたてのお湯が欲しい時にも大活躍してくれます。

常に保温されているポットのお湯でも作れますが、沸きたてのお湯で作ったときの美味しさは違いがありますね。

口コミでも、「沸きたてのお湯で作る紅茶の味は、何時間も溜まっているポットのお湯で作る紅茶と味が違った。」というコメントもありました。

中には、料理で最初にお湯を沸騰させるためにティファールの電気ケトルを活用している方もありました。

「沸きたてのお湯」の使いたかはいろいろありそうです。

ティファール[パフォーマ]電気ケトル[KO1531JP]ホワイト

ティファール[パフォーマ]電気ケトル[KO1538JP]ブラック

【追記】
7段階のこだわりの温度設定で緑茶、コーヒー、紅茶が美味しく飲めます。

ティファール[電気ケトル]人気機種3台

朝の忙しいとき「まだ沸かないの~!!!」と思ったことはありませんか?

ここで紹介するティファール[電気ケトル]人気機種3台は、カップ1杯分のお湯[140ml]がわずか約「60秒」で沸いてしまうんです。

それが、ティファール[パフォーマ]から「0.8リットル」と「1.5リットル」、ティファール[ジャスティンプラス]から「1.2リットル」です。

ティファール[パフォーマ]0.8リットル電気ケトル

必要なときに必要な分だけのお湯をボタン一つで素早く沸かすことのできる(カップ一杯程度なら約45~60秒)電気ケトルは、ガスコンロを使わず料理をする際に邪魔にもなりませんし、コードレスで持ち運びも出来るので一家に一台あるととても便利なものです。

電気ケトルといえばティファールを思い浮かべる方も多いと思いますが、その中のティファール[電気ケトル]人気機種をご紹介します。

一人暮らしの方や夫婦のみのご家庭など、少人数世帯にはティファール[0.8リットル]が無駄に大きすぎず丁度良いサイズだと思います。

おすすめのティファール[パフォーマ] は重量が0.75kgと軽量で扱いやすいだけでなく、安心の空だき防止機能が搭載されている他、お湯が沸いたあとは自動で電源がオフになってくれるので、ガスで沸かすのとは違って目を離すことも出来ますし、電気の無駄遣いをせずに済む点も便利です。

また、蓋は取り外すことが出来るようになっているので、お手入れがし易いこともおすすめポイントになっています。

カラーは「ティファール[KO1538JP]ブラック」と「ティファール[KO1531JP]ホワイト」の2色があるので、好みやお部屋の雰囲気に合わせてお選びください。

ティファール[パフォーマ]1.5リットル電気ケトル

“ティファール[電気ケトル]人気機種2つ目は、同じくティファール[パフォーマ]のティファール[1.5リットル]です。

4~5人家族や、少人数世帯でも親戚やお友達がたくさん遊びに来るご家庭には、こちらの大容量サイズがおすすめです。重量は0.8kgとほんの少し重くなっただけです。

こちらもカラーは「ティファール[KO1548JP]ブラック」と「ティファール[KO1541JP]ホワイト」の2色になっています。

0.8リットルとサイズが違うだけで仕様は一緒なので、空だき防止機能・自動電源オフ機能が搭載されており、蓋も取り外し可能となっています。

ちなみにこの便利な電気ケトルをフル活用する方々は、ただ単にお湯を沸かすだけでなく、なんと料理までしてしまいます。

例えば茹で卵ですが、まずティファールの電気ケトルに重ならないように卵を並べ、被るくらいの水を入れます。

お湯が沸いたら自動的に電源がオフになるので、そのまま数分ほど放置(固ゆでなら10分程度)するだけで完成です。

1.5リットルものお湯が沸かせるのでパスタやうどんといった麺類を茹でるのにも使われ、お湯切りも簡単です。

またウィンナーをボイルしたり、レトルト食品の温めなどにも使われています。そう考えると蓋を取って洗えることは、やはりとても便利な点です。”

ティファール[ジャスティンプラス]1.2リットル電気ケトル

おすすめ3つ目は、ティファール[ジャスティンプラス]1.2リットルです。

人気機種にジャスティンシリーズというのがあるのですが、従来のものより使いやすくなったのがこちらの「プラス」です。間口が従来ものよより30%広くなったことと、蓋が開けた状態で固定することが出来るので水入れやお手入れがより簡単になりました。

また注ぎ口の形状が従来モデルでは丸く大きかったのが、プラスでは鳥のクチバシのようにスリムになり、お湯を注ぐ量がコントロールしやすくなりました。

それにより安全性も増したので、小さなお子様でも上手に注ぐことが出来るようになったと思います。

空だき防止機能・自動電源オフ機能の他、注ぎ口にフィルターが付いているので清潔な使用や、パイロットランプによる湯沸かし状態の確認が可能です。

ケトル本体のみでしたら約710gと軽量ですし、カラーは「ティファール[KO3408JP]カカオブラック」と「ティファール[KO340178]シュガーピンク」、「ティファール[KO340176]スカイブルー」、「ティファール[KO340175]ホワイト」、「ティファール[KO340177]サーブル」の5色から選べるところも嬉しい点です。

まとめ

『ティファール[パフォーマ]電気ケトル[KO1531JP][KO1538JP]が人気の3つの秘密!』ということで、今話題のティファール電気ケトルで大変に人気のある3台を厳選して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

とにかく朝がバタバタしている独身の方から朝が戦争状態の30代ワーママまで、カップ1杯分が「60秒」で沸くティファール電気ケトルは、出勤前の時短アイテムにおススメです。